月刊「政経往来」の記事から厳選してお届けします!|月刊「政経往来」xWizBiz

【連載】「安全な職場づくり」労働災害防止 Q&A 12月からストレスチェック制度が開始となりますが、事業場として、制度導入前にどのようなことを準備しておく必要がありますか。

ストレスチェック導入前の準備としては、下記の項目が挙げられます。

  • (1)事業者より「メンタルヘルス不調を未然防止のストレスチェック制度を開始する」旨の方針を表明する
    実質的には、担当部署で案を考えて、事業者に確認して表明することが多くなると思われますが、大切なのは事業者にストレスチェック制度の目的や事業場のメンタルヘルスの現状を説明し理解して頂いたうえで、表明してもらうことです。

    ストレスチェック制度の目的は以下の通りです。

      ・一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不 調の未然防止)
      ・労働者自身のストレスへの気付きを促す
      ・ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる

  • (2)安全衛生委員会でストレスチェック制度の実施方法などを審議し決定する
    主な審議事項を下記に挙げました。ストレスチェック制度開始前に決めておきましょう。
     1.実施者を誰に依頼するか
     2.いつ実施するか
     3.ストレスの高い人(高ストレス者)及び面接指導対象者をどのように選ぶか
     4.面接指導の申し出を誰にどのようにするのか
     5.面接指導を依頼する医師は誰にするか
     6.外部の委託機関はどこにするか(処理を外部に委託する場合)
     7.結果は誰が、どこに保存するか
     8.集団分析はどんな方法で行うか(集団分析・職場環境改善については努力義務)

  • (3)安全衛生委員会で審議して決定したことを規程として明文化し従業員に知らせる
    ストレスチェック制度を実施するために決定したことを明文化する。そして、その内容を従業員へ周知することが大切となります。1人ひとりの従業員に制度の主旨、事業内のストレスチェック担当部署や外部委託先、個人情報の取り扱いを知らせることで受検率の向上などにつながります。

    周知の機会としては「年度の安全衛生活動方針の際」「安全衛生委員会の議事の周知に合わせて」「朝礼などの際に管理監督者から部下へ」などが挙げられます。

  • (4)実施体制・役割分担を決める
    実施体制を整えます。特に実施者や面接指導を担当して頂く医師には早めに依頼しておきましょう。まもなく、ストレスチェック制度が開始となります。導入前の準備を丁寧に行うことが、より良いストレスチェック制度の実施につながりますので、早めに準備を始めましょう。

経営者の味方Wizbiz

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

田町・品川の貸し会議室|WizBizの会議室情報

名刺などのデータ入力代行サービス|WizBiz

円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz