月刊「政経往来」の記事から厳選してお届けします!|月刊「政経往来」xWizBiz

【連載】「安全な職場づくり」労働災害防止 Q&A

危険予知訓練(KYT)とは、危険に関する情報をお互いに寄せ集め、話し合って共有化し合い、それを解決していく中から、危険のポイントと行動目標を定め、それを潜在意識に強く訴えて、危険に対する感受性や問題解決能力を高め、要所要所で指差し呼称を行うことにより、集中力を高めると共にこれらを顕在意識に呼び起こし、安全を確認して行動するための手法です。また、そのための日常的な訓練です。従って、職場において、KYTの日常的な実践や職場小集団でのKY活動を継続的に実施すると、次のような効果が期待されます。

  • (1)危険感受性が鋭くなる
    危ないことを危ないと感じる感覚、危険に気付く感覚(感受性)を鋭くします。
  • (2)集中力が高まる
    限られた時間内で、職場や作業での危険を見つけ、対策を考え出す必要があり、その過程で集中力を養うことが出来ます。
  • (3)実践への意欲が強くなる
     「どんな危険が潜んでいるのか」、「それをどう解決するか」などホンネの話し合いで危険を把握し、本質を追究し、それを解決するプロセスが、実践への強い意欲を生み出します。
  • (4)問題解決能力が向上する
    気付いた危険に対して具体的で実行可能な対策を出し合い、更に重点実施項目へのしぼり込みを行う中で、危険という問題を解決する能力を向上させます。
  • (5)職場風土が良くなる
    危険を予知・予測し安全を先取りする感受性やチームワークは、「先取り的」「参加的」な明るい生き生きとした職場風土づくりにつながり、安全だけでなく生産や品質などすべての自主的な問題解決に及んでいきます。

職場の安全衛生活動は、「職場の中で誰1人ケガをさせない、自らもケガをしない」という固い信念の下に、職場の管理・運営に責任のある管理監督者(ライン)が安全衛生を日常の仕事に組み込み、それを本来業務として推進すること(安全衛生のライン化)が基本となります。

この管理活動と職場の自主的な小集団活動が一体のものとなって展開していくことで相乗的な効果により、初めてヒューマンエラーや事故・災害をゼロに近付けることが出来ます。

KYTでは、職場で何が危険かのホンネの話し合いを毎日、短時間ミーティングの中で繰り返すことで、安全を先取りする感受性が鋭くなります。また、職場の人間関係も、コミュニケーションも、チームワークも良くなります。ついには、職場風土が変わっていきます。

このことは、長い眼で見ると、安全だけが良くなるのではなく、品質や生産性など職場の様々な問題をも自主的に解決することにつながり、企業経営にも良い影響を与えるのです。

経営者の味方Wizbiz

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

田町・品川の貸し会議室|WizBizの会議室情報

名刺などのデータ入力代行サービス|WizBiz

円(無料)でビジネスマッチングができる!|WizBiz